文部科学省

高校生の留学はこちら

menu
トップ > トビタテ!留学JAPANとは? > トビタテ!研修オンライン
トビタテ!研修オンライン トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラムの学習内容をご紹介

トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラムで実施している、 壮行会、留学前後の事前・事後研修の内容を一部公開します。

トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラムの学習プロセス

rollup

トビタテ!留学JAPAN壮行会

目的

グローバル人材育成コミュニティの関係者一同が派遣留学生の派遣を祝すとともに、派遣留学生に日本代表としての自覚及びコミュニティ意識を醸成する。

第1期壮行会

大臣講話

文部科学大臣 下村博文

支援企業からの激励メッセージ

ソフトバンク株式会社 代表取締役社長 孫正義様

第2期壮行会

大臣講話

文部科学大臣 下村博文

支援企業からの激励メッセージ

三菱商事株式会社 取締役会長 小島順彦様

※YouTubeのサイトに別ウィンドウで開きます。

rollup

事前研修

目的

将来のグローバルリーダーとしての動機付け

選ばれたものとしての期待を伝えるとともに、世界に関する視野を広げ、視座を高めることで将来のグローバルリーダーを目指して活動するための動機づけを行う。

留学目的・計画の明確化

学習する内容と研修中に付与する課題を踏まえ、自身で考えた留学計画を見直し、留学に対する行動指針を定めることでより良い留学を行える状態を醸成する。

成長と活躍に必要な土台づくり

自ら成長するために必要となる要素(自らの軸の理解やアイデンティティの確立等)の重要性と経験から学びを得る方法を理解することで、留学経験を良質化する準備を行うとともに、将来のキャリア形成のための土台づくりを行う。

派遣留学生間の連帯感と使命感の醸成

留学生コミュニティの活性化のために、派遣留学生間の結束を高めるとともに、コミュニティへの責務に対しての使命感を醸成する。

事前研修ダイジェスト

平成26年8月1日~3日
2泊3日研修
31名参加

※YouTubeのサイトに別ウィンドウで開きます。

学習内容

学習テーマ 概要
グローバルリーダー講演 産業界からグローバルに活躍するリーダーを招き、学生の世界に関する視野を広げ、視座を高めるとともにグローバルリーダーに求められる要素や海外経験の重要性を伝達することで、留学への動機付けを高める。
平成27年度春季事前研修

平成27年度春季事前研修

自己の軸の明確化 自己に関する理解を深め、自分の軸(考え方や価値観)を考察することで、自身が留学期間中に意識すべき点を明確にする。
日本の理解と日本発信PJ 日本の文化的な背景や良さ、課題を再認識することで、日本の理解を深めることを促し、留学先で発信するテーマ(日本発信プロジェクト)を考察する。
異文化対応力の向上 留学中に発生しうる文化の違いへの戸惑いや心境の変化などを事前に把握しておくことで留学中に陥る心理的な負担への事前準備を行う。
留学計画の改善 研修で学習したことを踏まえ、留学期間中にできることの選択肢を広げるために、アドバイザーや他のメンバーから意見をもらい、留学計画の改善を図る。
若手リーダーパネルディスカッション 様々な専門領域において世界で活躍する若手グローバルリーダーを招き、海外で成長・活躍するために必要な要素やコミュニティの重要性に関する理解を深める。
成長のための5つの力 留学期間中の日々の経験を成長につなげるための考え方(経験学習の知識)を理解し、留学期間中により良い経験を獲得するための姿勢を学ぶ。
発表準備及び発表 日本発信プロジェクトと学習してきた内容を踏まえ、留学計画を見直すとともに、修正した計画や留学期間中の行動指針を全体に対して発表する。

※YouTubeのサイトに別ウィンドウで開きます。

rollup

事後研修

目的

留学経験の振り返りと自己の軸の再確認

留学経験を振り返った上で自らの留学に対して意義づけを行い、事前研修を通じて確認した自己の軸(考え方や価値観)がどう変化したかを認識するとともに、帰国後に起こりがちなカルチャーギャップ等に対処できるようにする。

リーダーに向けての意識転換

派遣留学生が、将来、グローバル環境で活躍するリーダーとなれるように、受動的な姿勢(社会から支援を受ける立場)から主体的な姿勢(成果を社会に還元していく立場)への転換をし、自らの視座を高め、社会に貢献していくことの重要性を再認識する。

留学機運醸成に対する意義づけ

派遣留学生が、留学機運を醸成するという役割を実現するため、彼らの使命感・連帯感を形成し、留学成果の発信を準備することで、留学機運を醸成する活動をより効果的に行えるようにする。

長期的な展望の整理

派遣留学生が、留学経験と研修内容を踏まえた上で、将来的に実施、実現したいことを整理し、帰国後の学生生活における学修やその他の活動、その後のありたい姿についてより明確にできるようにする。個人の学修計画やキャリア形成という観点だけでなく、本プログラムのコミュニティ活動等、社会への貢献という観点についても意識する。

事後研修ダイジェスト

平成27年3月18日~20日
2泊3日研修
43名参加

※YouTubeのサイトに別ウィンドウで開きます。

学習内容

学習テーマ 概要
留学成果報告 留学成果をグループ内で共有し、他の学生の経験を聞くことで、自身の留学成果に対する考えを深める。
成長の総括 事前研修で学習した項目を基に、留学期間中の成長に関する振り返りを行い、自分自身の考えを深める。また、留学で得た経験値を客観的に捉え直し、新たな気づきを得る。
若手リーダーパネルディスカッション 様々な専門領域において世界で活躍する若手グローバルリーダーを招き、長期的な志をもつことや地道に積み重ねることの重要性を認識する。

平成27年度冬季事後研修

留学機運醸成に向けて 派遣留学生が留学機運を醸成するという役割を実現するため、その趣旨・目的を理解し、派遣留学生の使命を再認識させるとともに、留学成果を発信する準備を行う。
グローバルリーダー講演 産業界で活躍するリーダーを招き、経験や志を持ち道を切り拓くことの重要性を伝達することで受動的な姿勢(社会から支援を受ける立場)から主体的な姿勢(成果を社会に還元していく立場)に意識を変える。

平成27年度冬季事後研修

志の明確化と継続的アクションの検討 留学経験と研修で学んだことを基に、自身の志や将来的に実現したいことを具体的にまとめる。
発表準備と発表 研修で学習したことを踏まえ、自身の留学等を発表資料にまとめ、チーム内やクラス全体に発表する。

※YouTubeのサイトに別ウィンドウで開きます。

rollup