トップ > 留学について知りたい > トビタテ!留学JAPANとは?

トビタテ! 留学JAPANとは?

?
「トビタテ!留学JAPAN」とは政府だけではなく、
官民協働のもと社会総掛かりで取り組む「留学促進キャンペーン」です。

文部科学省は、意欲と能力ある全ての日本の若者が、海外留学に自ら一歩を踏み出す気運を醸成することを目的として、2013年10月より留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」を開始しました。政府だけでなく、社会総掛かりで取り組むことにより大きな効果が得られるものと考え、各分野で活躍されている方々や民間企業か らの御支援や御寄附などにより、官民協働で「グローバル人材育成コミュティ」を形成し、将来世界で活躍できるグローバル人材を育成します。

これらの取組により、「日本再興戦略~JAPAN is BACK」(2013年6月14日閣議決定)において掲げた目標である東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催される2020年までに大学生の海外留学12万人(現状6万人)、高校生の海外留学6万人(現状3万人)への倍増を目指します。留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」の主な取組のひとつとして、「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム~」が2014年からスタートしました。

また、国費では高校生の留学等を通じたグローバル人材育成のための取組を実施しています。

文部科学大臣挨拶

世界はどんどん変化します。あらゆる場所でグローバル化は加速し、情報通信や交通分野での技術革新により、人間の生活圏も広がります。また、世界は今、貧困や環境、エネルギーといった多くの地球規模課題(グローバル・イシュー)を抱えています。こうした中、先進国である日本は、それらの課題に積極的に取り組むことが求められており、そのためには、異文化を理解・尊重するグローバル意識を持つ人材が必要です。加えて、経済活動の変化と広がりに対応する上では、既成概念にとらわれない、チャレンジ精神も必要です。そうした人材を育てるための一つの有効な手段が、海外留学です。私は、若い皆さんが社会に出るまでに一度は日本から飛び出して、広い世界を肌で感じ、外から自分自身や日本を見つめ直し、先を見通すことが難しいこれからの時代を生き抜く力を身に付けてほしいと思っています。

このため、文部科学省では、2013年10月から、留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」を開始しました。これは、海外留学の魅力や意義、様々な支援の機会などについて、政府が広く情報を発信することで、大志あるすべての若者が、海外留学などの新しいチャレンジに自ら一歩を踏み出す、そういう気運を醸成しようとするものです。

さらに、政府だけでなく、社会総掛かりで取り組むことでより大きな効果が得られるものと考え、各分野で活躍されている方々や民間企業からの御支援などにより、官民協働で「グローバル人材育成コミュティ」を形成し、将来世界で活躍できるグローバル人材をオールジャパンで育成する取組をスタートしました。その中心が、2014年度から始めた「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム~」です。2020年までに200億円を目標に寄附を募り、1万人の意欲と能力ある若者を、産学官で選び、育て上げるとともに、その若者たち自身も巻き込み、社会の空気を変えていこうという前例のない取組です。

あわせて、政府では、日本が抱える社会課題や地球規模課題を自ら発見し、解決できる能力を有したグローバルに活躍する人材やグローバルな視点を持って豊かな地域社会の創造に積極的に貢献しようとする志を持った人材の育成を目指し、初等中等教育から高等教育の各段階に応じた教育改革や国際化に取り組む高校・大学への集中支援とともに国費による海外留学支援の抜本的な拡充にも取り組んでいます。

若いうちに海外に飛び出すことで得る新たな気付きや出会いが自分自身の成長はもちろんのこと、何よりも日本の未来を切り拓くことに繋がると確信しています。
若い世代が、一人一人の可能性を最大限に伸ばし、既成概念にとらわれず夢に向かってチャレンジできる社会を実現するよう、50年後100年後の日本の未来も見据えて全力で取り組んでまいります。将来の日本を支えるグローバル人材の育成につきまして、皆様方の御理解と御協力をよろしくお願いいたします。

文部科学大臣
教育再生担当大臣
馳 浩
日本から世界に飛び立つ様を、鳥のモチーフで表現しました。
筆のタッチにする事で勢いを出しています。
ロゴ見本

※ロゴの使用マニュアルはこちら

※ロゴマーク等の使用ガイドラインはこちら

ロゴマーク等使用申請書の送付先メールアドレスはこちら