文部科学省

高校生の留学はこちら

menu
トップ > 大学生・大学院生のための留学準備ガイド~国別ガイド~ イギリスの留学事情

大学院生のための留学準備ガイド~国別ガイド~

イギリス

歴史と伝統、最先端のファッションやアートが共存し、ヨーロッパで中心的な存在感を持つイギリス。教育水準は高く、「QS世界大学ランキング」の上位5位に4大学がランクインしている。学位取得が可能な大学・大学院、カレッジなどが180校以上あり、そのほとんどが国公立。治安がよく、フランス、スペイン、イタリア、オランダなどヨーロッパ各国の旅行の拠点ともなるイギリスは、留学生たちに人気だ。

英語発祥の国であるイギリスの英語教育には長い伝統と実績があり、ブリティッシュ・カウンシルによる認定制度により英語コースの質が保証されている。認定を受けた語学学校では、教師、教授法、施設、運営、福祉面において厳しい基準が満たされている。
多くの大学では一般教養課程がなく、1年目から専門課程がスタートする3年制。ただし、医学や獣医学、建築学など専門の資格に直接結びつくコースでは修了するまでに5~7年が必要。MBAを含め、修士号は多くの場合1年で取得できる(ただし、職務経験など入学条件がある)。
ファーザー・アンド・ハイアー・エデュケーション・カレッジとよばれる教育機関では、ビジネス、工芸、アート、デザイン、コンピュータなどの分野で実践的な教育を行っている。通常は1~2年間で修了し、ディプロマ(准学士)やサーティフィケート(学位を伴わない課程の修了)などの資格を取得できる。大学への編入が可能なコースもある。
イギリスには大学入試がなく、国が行うGCSEとA levelsという統一試験の成績と面接で進学できるコースが決まる。GCSEとA levelsを受けていない外国人がイギリスの大学に進学するには、1年間の大学進学準備コース(ファウンデーションコース)に入学するのが一般的だ。修了時の成績に応じて大学に入学できる。

大学の入学条件

高校卒業後、1年間、ファウンデーションコースで学ぶ。ファウンデーションコースの入学条件はIELTS4.5~5.5またはTOEFL iBT53~68程度

必要書類

入学願書・成績証明書・IELTS等、認められた英語能力検定試験のスコアレポート・エッセイ(英文)・推薦状(英文)

必要な英語力

大学の入学条件欄を参照

学期制度

9月スタートの3学期制。

出願時期

正規留学の場合、入学の半年~1年前をみておく必要がある。

授業料(平均)

【大学進学準備コース】 £6,000~/年
【大学】£10,000~/年

【語学学校】
グループレッスン:£150~300/週
少人数もしくは専門コース:£200~500/週

生活費(平均)

ロンドン近郊:約£1,020/月
ロンドン以外の地域:約£820/月

一般的なランチの価格

£5~£10

滞在先

英語研修中は、ホームステイの場合が多い。その他、学生寮、フラットシェア、貸部屋など。

渡航前に必要なもの

パスポートの申請や残存期間の確認、航空券・保険の手配、外貨・クレジットカード等
6ヶ月以上留学する場合は事前に学生ビザを申請する必要がある。
英国の公的な国際文化交流機関であるブリティッシュ・カウンシルでは、留学希望者が自分で留学計画を立てる際に必要な情報を、ウェブサイトや、英国留学セミナーなどのイベント開催、留学ガイドブックの発行を通して提供している。

参考になるwebサイト

Education UK
http://www.educationuk.org/japan/newwin

※Education UKのサイトに別ウィンドウで開きます。

英国留学ガイドブック : http://issuu.com/74262/docs/educationukguidebooknewwin

※英国留学ガイドブックのサイトに別ウィンドウで開きます。

(取材協力) ブリティッシュ・カウンシル http://www.britishcouncil.jpnewwin

※ブリティッシュ・カウンシルのサイトに別ウィンドウで開きます。

トップへ戻る
  • アメリカ
  • カナダ
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • イギリス
  • フランス
  • ドイツ
  • 中国
  • 韓国
  • イタリア
  • フィンランド