文部科学省

高校生の留学はこちら

menu
トップ> 日本代表プログラムとは? > 未来テクノロジー人材枠(トビタテ テック)募集情報

トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム トビタテ テック 理系、複合・融合系人材コース未来テクノロジー人材枠募集

最先端の研究機関や大学で学べる!憧れのあの企業やあの人のもとで働ける!

「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」とは?

トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」は、返済不要の奨学金や研修等を通して学生の留学を支援する制度です。
産・官・学協働で、2020年までに約1万人の海外チャレンジを応援していきます。

詳しくはこちら>
  • 特徴1 留学プランを自分で設計できる!
  • 特徴2 奨学金は返済不要!
  • 特徴3 28日~2年間の間で期間設計も自由!

「未来テクノロジー人材枠」とは?

人工知能やビッグデータ等、産業とテクノロジーの結びつきが不可分となる将来の産業界で活躍する、グローバルマインドを持った“テクノロジー人材”の育成を目的として、平成30年度募集より新設されました。
人工知能、ビッグデータ、IoT、サイバーセキュリティ、ロボティクス及びその基盤となるデータサイエンスといった、日本の未来を切り開く6つのテクノロジー分野に対して強い興味と高いポテンシャルを持ち、将来当該分野で日本をリードしてゆく意志を持った人材を育てる事を狙いとします。

対象となる学修・実践活動分野と留学例

  • 人工知能 (例)深層学習発祥の地であるトロント大学で、最新の知見と産業界への応用について学び、TOP研究者との人脈を築く!
  • ビッグデータ (例)ライフサイエンス領域でのビッグデータ活用の最前線を学ぶため、ミシガン大学へ留学!
  • IoT (例)IoTを活用したスマートシティの取り組みを学ぶため、サンフランシスコベンチャーで1年間インターン!
  • サイバーセキュリティ (例)シリコンバレーで、世界最高峰のサイバーセキュリティ技術と、イノベーションを生み出す仕組みを学ぶ!
  • ロボティクス (例)医療用マイクロロボット開発の最先端を学ぶため、オーストラリアのモナッシュ大学へ!
  • データサイエンス (例)サンフランシスコ大学でデータサイエンスを学び、「Kaggle」に挑戦する!

支援対象・支援内容

募集人数 50名程度/期
支援対象 30歳以下の大学・大学院生であること(高専、博士課程含)
※詳しくは募集要項の9番「派遣留学生の要件」よりご確認ください。
募集期間
  • 第8期
    2017年7月-10月 募集
  • 第9期
    2017年12月-2018年3月 募集(予定)
留学期間 28日以上、2年以内
留学形式の例
  • 1. 研究留学
  • 2. 海外企業・研究機関へのインターンシップ
  • 3. 調査・フィールドワーク
奨学金等
支援内容(※)
  • ・奨学金/月:16万・12万・6万
  • ・留学準備金:15万・25万
  • ・授業料:最大60万円
※渡航先、留学期間、家計所得等によって変動のため、詳しくは募集要項の別紙(2)よりご確認ください。
  • 日本代表プログラムの募集要項、オンライン申請、よくある質問に関しては、下記よりご覧ください。

例えばこんな留学!先輩たちの留学プラン例

  • 岩根 史明 留学分野:ロボティクス 留学先:イタリア/B10NIX S.r.l.→スイス/EPFL 留学内容 B10NIX S.r.l では主に筋電位、脳波の解析と解析アルゴリズムをAndroid端末用のアプリに搭載してプロトタイプを完成させました。EPFLでは脳波と眼電位の計測・解析を行い、研究成果を国際学会へ投稿しました。 詳しい体験談を「留学大図鑑」で読む
  • 重宗 宏毅 留学分野:ロボティクス 留学先:イタリア/Scuola Superiore Sant'Anna 留学内容 イタリアの研究機関で、自由度を無限に持つと言える冗長なソフトロボットアームの制御の研究を行いました。この研究を通して、形態計算という構造に知性を持たせるという概念を学ぶことができ、帰国後の研究が大きく進展しました。 詳しい体験談を「留学大図鑑」で読む
  • 佐久間 洋司 留学分野:人工知能 留学先:カナダ/トロント大学→Panasonic Silicon Valley Lab 留学内容 人工知能ブームの中心技術「深層学習」が生まれたトロント大学で最先端の理論を、世界中から人とお金が集まるシリコンバレーで産業への応用を学び、次世代を担う学生の一人として日本に貢献することを目指しました。 詳しい体験談を「留学大図鑑」で読む
  • 鯨井 悠生 留学分野:ロボティクス留学先:アメリカ合衆国/カーネギーメロン大学 留学内容 近年AIの躍進が凄まじいですが、「人間の知能」を考える上で私が真に重要と考える、「我々の肉体や身体との結びつき」についてはあまりフォーカスされていません。CMUでロボティクスと人工知能を学び、身体と知能の関係性を探求しました。 詳しい体験談を「留学大図鑑」で読む
  • 安谷屋 樹 留学分野:ロボティクス 留学先:アメリカ合衆国/スタンフォード大学 留学内容 和製ジョブズを目指して!イノベーションの聖地であるシリコンバレーでVRを用いた遠隔操作ロボットを開発。現地でスタートアップを起業し、物理的な距離を超えられる世界の実現を目指す。
  • 金居 弘樹 留学分野:人工知能 留学先:アメリカ合衆国/University of Georgia 留学内容 基礎を深く理解して、応用的な研究にパラダイム・シフトを起こす!米国ジョージア大学の心理学部で、「記号哲学」「神経生物学」から、脳のメカニズムを根源的に学び、これからの人工知能開発の方向性を探る。
  • 轟 佳大 留学分野:人工知能 留学先:シンガポール/シンガポール国立情報研究所 留学内容 現在『深層学習(Deep Learning)を用いたCT画像に映る肝臓腫瘍候補の自動検出』という研究を行なっています。腫瘍の検出率をさらに高めるためにシンガポール国立情報研究所にて深層学習の研究を行ってきます。

トビタテ!留学JAPAN 未来テクノロジー人材枠についてのFAQ 未来テクノロジー人材枠FAQ

Q1. 通常の理系、複合・融合系人材コースとの違いは?
未来テクノロジー人材枠は、
  • ・人工知能
  • ・ビッグデータ
  • ・IoT
  • ・サイバーセキュリティ
  • ・ロボティクス
  • ・データサイエンス
の6分野を大学等で専門としている、又は既に何らかの実績を持つ学生がさらに専門性を高めるために、新設された特別枠です。
Q2. どんな人が対象となりますか?
上記Q1の6分野での学修や実践活動を海外で行う学生を、「未来テクノロジー人材枠」として採用します。具体的には、在籍学校の専攻分野との繋がりや、過去の取り組み実績(研究実績、受賞歴等)、スキル(プログラミングスキル等)をお持ちの学生を対象とします。
Q3. 審査基準は?学業成績、語学力は問われますか?
審査は「人物」と「計画」の2つの観点から、書面と面接を通じて審査します。
成績や語学力等については、一律の基準を設けず、各自の留学計画の実現に必要なレベルがあるかどうかを審査します。
また、当枠に限り、専門性をより評価するため、自由記述の記載は不要とし、推薦状の提出を必須とします。審査を担当する人も、専門性を評価するため、人事経験者に加えて、エンジニアや研究者の担当を予定しています。
Q4. どんな留学計画が対象になりますか?

理系分野、複合・融合系分野における学修やインターンシップ、フィールドワーク、実験・実習等の実践活動が対象となります。
(例:海外大学での研究と並行して現地でフィールドワークを行う、大学で数ヵ月研究した後、拠点を移して関連する商品やサービスを持つ企業でインターンシップを行う等)

Q5. 募集人数は何名ですか?
理系、複合・融合系人材コースの募集人数のうち、2割程度の採用を予定しています。(50名程度/期)
Q6. 応募方法は?
日本代表プログラムの他のコースと同様、募集要項にしたがって応募いただきます。

「未来テクノロジー人材枠」に応募する学生は、他のコースと違って、「自由記述書」の提出は不要で、「推薦状」(1通)の提出を必須とします。詳しくは募集要項からご確認ください。
募集要項はこちら>
Q7. 推薦状はどんな人に書いてもらえばよいですか?
推薦者は応募者の専門性、留学先での研究や実践活動等、及び応募者自身を良く理解する方にお願いしてください。
  • 日本代表プログラムの募集要項、オンライン申請、よくある質問に関しては、下記よりご覧ください。

rollup