文部科学省

大学生の留学はこちら

menu
トップ > 高校生コース > スタイル別留学ガイド

国別/スタイル別留学ガイド

  • 「留学」のカタチ
  • 留学準備のステップ
  • 留学を成功させるには

「留学」のカタチ

「留学」のパターンはさまざまです。それぞれの特長を生かして、自分の目標とする進路・キャリアや外国語の習得に最も効果のある留学を考えていきましょう!それぞれの留学タイプをクリックすると詳しい説明が見られます。

中学生・高校生向け

パターン1 海外の高校へ進学

特徴

海外の中学校や高校へ進学し、卒業まで長期留学する。

準備の注意点

国によって、教育制度が異なり、中学校・高校の年数が日本と異なることが多いので、希望するタイミングで入学できるように、早目の情報収集が大切です。公立・私立によっても、留学生受け入れの状況が異なるので、その点にも注意して情報収集しましょう。学校の指導の特色や、サポート体制、また費用などをしっかりと調べて学校選択をすることが大切です。
学校が公立か私立かによって、受け入れ可否や、授業開始前の英語準備コース有無などに違いがでるなど、国や学校によって受け入れ条件は異なるので、正確な情報を早目に手に入れて準備を進めたいものです。そのため、中学・高校留学を専門に扱う留学エージェントなどに相談し、情報提供や手続きのサポートを依頼する方法が多く使われます。なお、エージェントには日本の公的な認定・登録制度がなく、選択や契約はすべて自己責任ですので、自分でも留学先の情報をよく調べ、複数のエージェントを比較検討した上で利用することが大切です。また、国や学校によっては、18歳未満の学生の留学で現地に保護者が同行するのでない場合、後見人(ガーディアン、カストディアンなどと呼ばれる)を指定することが義務付けられていることがあります。後見人は、現地での緊急時の対応をしてくれたり、長期休暇で学校の寮が閉まる期間に受け入れてくれたりする人として必要です。後見人は、個人で手配しなければならない場合が多いので、早目に希望する留学先のルールを調べて、必要な準備を始めましょう。

準備に必要な期間の目安

2年〜1年半

CLOSE

パターン2 海外の高校へ1年間交換留学

特徴

日本の高校に在籍している間に1年間海外の高校に留学する。

準備の注意点

国によって高校課程の教育制度が日本と異なるため、希望する留学先の教育制度の情報は早目に収集しましょう。
交換留学をする場合、教育交流団体やエージェントなどが実施する1年程度の交換留学プログラムに参加することが一般的です。
希望のプログラムをもっている団体を探し、複数の団体の説明を聞いたうえで、参加するプログラムを選ぶことが大切です。
また、1年間の留学中の履修が、学校長の判断により日本の在籍校の履修とみなされ、最大36単位まで履修することができます。
1年の留学を含めても、3年間で高校を卒業したい場合は、在籍している日本の高校に確認してから留学準備を進めましょう。
また、現地の高校のカリキュラムは、日本の大学受験に必要な準備には沿わないことが多いので、日本での大学受験に向けた計画も念頭に置いて、留学計画を立てることも大切です。

準備に必要な期間の目安

2年〜1年半

CLOSE

パターン3 長期休暇を利用して短期研修

特徴

夏休み・春休みなどの長期休暇を利用して研修する。

準備の注意点

期間は数日から1か月程度とさまざまです。
語学力補強を主な目的としたものや、現地の生徒との交流などの異文化体験を重視したものなど、テーマも幅広く用意されています。
日本人の受入れに積極的な語学学校には日本語のウェブサイトを持っているところもかなりありますので、学校が提供するプログラムを比較検討して選ぶとよいでしょう。
自分の目的に応じてカスタマイズプログラムを組むことができることもあります。旅行会社や留学エージェントの提供しているパッケージの短期留学プログラムから探す方法もあります。
複数のエージェントを比較し、自分の希望や条件に合うプログラムをもつところを選び、よく調べて契約しましょう。
最近では、大学訪問や学問・テーマ別のカリキュラムによるプログラムなども出てきており、海外の大学進学などグローバルなキャリア選択のきっかけづくりとして、利用する人も増えています。
行き先の好みだけでなく、「何が体験できるか?何を学べるか?」をしっかりと比較検討してプログラムを選ぶとよいでしょう。

準備に必要な期間の目安

半年〜3か月

CLOSE

パターン4 高校卒業後に海外大学への進学

特徴

日本の高校卒業後、海外の大学に進学し、学位取得を目指す長期留学。

準備の注意点

海外の高等教育は、その指導方針が国によって異なります。
英語圏なら、教養教育重視のアメリカは幅広くいろいろな分野に触れる学びを、社会に出てからの即戦力育成重視のオーストラリアは、専門知識やスキルの習得に重点を置いた学びをカリキュラムにしています。
自分の目標や好みの学び方によって、進学先の国や地域を見極めることが大切です。
また、海外の大学学部レベルの教育制度は、国によって4年制・3年制など制度が異なるので、希望する留学先の国や地域の教育制度に関する情報を収集しましょう。
高校までの教育課程にも国によって違いがあるため、イギリスやオーストラリアなどのように、日本の高校を卒業しただけでは大学入学資格に達しない国も多く、ファンデーションコースなどの準備コースを経る必要があるなど、留学計画に注意が必要なところもあります。
入試は書類審査が中心の場合が多いので、必要書類の作成はしっかり時間をかけて、学校の先生や保護者など周囲の人の協力を得ながら進めて行く必要があります。
高校時代の成績も重要な要素になりますので、しっかり勉強しましょう。また、留学先国・地域で必要な語学能力試験のスコアや級を取得する必要があります。
早いうちから語学学習に力を入れておくことが大切です。
入学前の語学力補強も含めると、最低でも4年〜5年の留学期間となり、費用も計画的な準備が必要です。
後悔・ムダのない進路にするためにも、留学目標を明確に定め、必要に応じて大使館など公的機関の提供する留学相談サービスやエージェントを利用したりしながら、主体的に留学準備を進めることが成功の秘けつです。

準備に必要な期間の目安

2年〜1年

CLOSE

大学生向け

パターン5 海外の提携大学へ交換・派遣留学

特徴

国内の在籍大学の提携する海外の大学に留学し、数か月〜1年間現地の授業を受講する。
現地から日本へ来る留学生と交換のため、プログラムの募集枠が小さいことが特徴。
留学中の学費は、国内の大学の学費納入のみでよい場合も多く、留学費用が安く抑えられることが魅力。
利用出来る奨学金も多いので、所属している大学の奨学金情報を早めに確認しよう。

準備の注意点

プログラムの内容は大学により異なりますが、現地の大学の授業を受講するタイプの場合、日本の大学内の募集・選抜の段階で比較的高いレベルの成績と語学力が求められます。
交換留学で現地の授業履修を目指す場合は、比較的早いうちから英語など語学学習に力を入れておくことが大切です。
また、提携大学への留学プログラムとして、ダブル・ディグリー/デュアル・ディグリーなどと呼ばれる、日本の在籍校と海外の提携校両方の学位取得を目指すプログラムを用意している大学もあります。
なお、交換留学に関しては、日本の大学が提携している大学に留学することになるため、留学したい国や大学などにこだわりがある人は、将来進学したい日本の大学が提携している大学リストなどを調べておくことが大切です。
各大学の留学センター、国際センターなど留学を取り扱う部門のホームページで確認できます。

準備に必要な期間の目安

1年半〜半年

CLOSE

パターン6 海外の大学へ単位認定留学

特徴

国内の在籍大学の提携する大学に留学する。
期間は3か月〜1年とさまざまで、語学習得中心のものから現地の正規授業を受けるものまで幅広い。
交換留学より、比較的多くの学生が応募できる。

準備の注意点

留学のパターンとしては、現地の大学付属の語学学校に留学して語学力を補強するパターンの他に、半年語学学校+半年現地大学の授業受講といった、留学生用の特別プログラムがある場合もあります。
現地での授業受講をする場合で、単位認定を希望する場合は、日本の大学で在籍する学部の専攻と関連した科目の受講が義務付けられている場合もあるので、必ずしも好きなことを好きなように学べるとは限りません。
このように、プログラムの内容により、応募条件や単位認定条件が異なる場合が多いので、在籍大学の認定留学プログラムがどのようなものをそろえているか早目に確認しておきましょう。
どんな内容の留学を、どれくらいの期間いくと、何単位として換算されるかは、所属する学部単位でもルールが異なる場合があるので、大学の留学センター、国際センターなどの部署および所属する学部の留学担当者からも情報を集めることが大切です。

準備に必要な期間の目安

1年半〜半年

CLOSE

パターン7 短期・長期 私費留学

特徴

夏休み・春休みなどの長期休暇をして留学、もしくは大学を休学して1年程度の留学をする。
目的や形態はさまざま。目的をもって、自分でやりたいことを自主的に学びたい場合に向いています。

準備の注意点

1週間〜2か月程度の、長期休暇を利用した留学は、主に語学研修が中心になります。
一般的なコミュニケーション重視のコースや、大学・大学院で使う語学・スキル習得のためのアカデミックなコース、将来のキャリアに役立てるためのビジネスコース、各種語学能力検定・テスト対策など、目的に応じてコースは幅広く用意されているので、自分の目標や目的に応じて選択したり、組み合わせて留学プランをデザインするのがよいでしょう。
日本の大学から単位認定などを必要とせず、長期で自分の好きな留学を希望する人には、大学を休学して留学する方法もあります。
語学を中心に学ぶ人もいれば、ある程度の語学力を身に付けたら、現地の大学の授業を聴講したり、現地の専門学校で短期のプログラムを受講したりするなど知識やスキルの習得をする人もいます。
また、この期間にインターンシップなどに取り組む人もいます。
1年間程度の留学プログラムを用意している大学について、インターネットや留学先国の公的機関などから情報収集が可能です。
留学エージェントなどで、1年間の留学プランを提案してもらうこともできます。
また、海外では日本の大学より編入や聴講がしやすい場合が多いため、日本の大学を卒業または退学してから、海外の大学などに編入や聴講の形で留学することもできます。

準備に必要な期間の目安

短期の場合、半年〜3か月1年程度の留学の場合、1年〜半年。

CLOSE

パターン8 国内大卒業後に海外の大学院へ

特徴

日本の大学卒業後すぐに、もしくは社会に出て働いてから、海外の大学院に留学する。

準備の注意点

海外の大学院制度は、国によって特に修士課程の期間に違いが出ます。
また、授業を通じて教授の指導を受けながら研究を進めるコースと、最初から自立して自分の研究を進めるコースと種類もいろいろありますので、自分の目標に併せてコースを選びましょう。
学部時代の成績も重要な要素になりますので、しっかり勉強しましょう。また、留学先国・地域で必要な言語のスコアや級を取得する必要がありますので、早いうちから語学学習に力を入れておくことが大切です。
大学院では、特にどんな先生に付いて論文を仕上げるかが大切なポイントですから、単なる大学ランキングだけでなく、指導にあたる教授陣についてもしっかりとリサーチをして大学・コースを選択することが大切です。
また、コースによっては入試の際に、大学時代に書いた論文の翻訳、社会人時代に手がけたプロジェクトを翻訳した資料などを提出することにより、過去の経験を見られることがありますから、長期的・計画的な準備が必要なこともあります。
社会人になってからの留学では、会社や所属団体・機関の支援を受けて留学する制度もあります。

準備に必要な期間の目安

2年〜1年

CLOSE

番外編

パターン9 ワーキングホリデー / インターンシップ

特徴

語学力を補強してから、海外で働く経験を積む。

準備の注意点

学校に通って勉強するというよりは、現地で働きながら語学力や異文化理解力を高めたいという人に人気の制度です。
内容はさまざまですが、エージェントが募集するプログラムの場合、プログラムの最初の数か月を語学学校などに通って語学力を補強し、語学力がある一定のレベルになってから就業するパターンが多いようです。
語学力や、それまでの就業経験に応じて、現地で体験できる職業には限りがある場合もあり、どのような経験が積めるのかは事前にしっかりと調べておきましょう。
また勤務に対して、給料が支給されないタイプのプログラムもあるので、その点もリサーチをして、現地での生活費など費用面の準備もしっかりと計画的にしておく必要があります。
エージェントが募集するプログラムを利用する場合は、現地サポート体制なども整っているプログラムを選ぶようにしましょう。
ワーキングホリデーは、ビザが取得できる国が決まっており、また国によってビザ取得に年齢制限が設定されているので、あらかじめ外務省や大使館のサイトなどで調べておきましょう。

準備に必要な期間の目安

1年〜半年

CLOSE

トップへ戻る

留学準備のステップ

【1】目的に合った留学パターン検討

まずは、留学を通じて学びたいこと、経験したいことをまとめ、どんなパターンの留学が自分の目標達成に最適かを考えましょう。

【2】留学先の国・学校・プログラムを検討・選択

留学のパターンが決まったら、その留学でより自分のやりたいことが実現できる教育制度や、プログラム制度を持っている国や地域を選び、さらに学校やコース、プログラムを絞り込みましょう。国や留学パターンが決まれば、その後に必要な手続きが自然と決まってきます。情報収集の際は、クチコミなどではなく、各国大使館や日本学生支援機構の留学情報サイトなどから公的な情報を得ること。留学先の学校のサイトを読み込むことも重要です。また、エージェントなどに相談して留学プランを立てること、手続きのアドバイスをもらうことも役立ちます。エージェントの選択・契約においては、必ず比較検討の上、会社・団体を選び、契約内容も吟味しましょう。

【3】学校・プログラムへの出願・申請

自分の参加希望の留学プログラムに申請するために必要な書類をまとめ、提出します。特に、大学や大学院などの教育機関に出願するときは、成績証明書や卒業証明書、推薦状やエッセイの作成が必要です。早目に情報収集して、協力して下さる方々への依頼も早目に行うことが大切です。

【4】滞在先の申し込み

寮やホームステイなど、現地の滞在先も出発前に確保します。

【5】学費・諸費用納入

受入れ許可書が届いたら、学校の指示に従い、学費納入をします。学費以外に支払う必要があるものを整理して、期日までに納入しましょう。銀行などの金融機関からの海外送金やクレジットカードなどでの支払いが可能です。支払い漏れがあると必要なビザ取得が難しくなる場合もありますので慎重に行いましょう。

【6】ビザの申請

留学パターンや機関、国によって必要なビザは異なります。主に、学生ビザ・観光ビザ・ワーキングホリデービザなどですが、手続きがそれぞれ異なりますので、留学する国とプログラムが決まったら早目に各国大使館のホームページなどで情報を収集しましょう。

【7】航空券の手配

必要なビザが取れたら、航空券を手配するようにしましょう。空港出迎えサービスなどを利用する場合は、到着日や空港が決められている場合があるので、航空券手配の際は、それらの条件を満たすものを手配しましょう。

【8】保険の加入

留学中は、留学生に対応した保険に加入していることが欠かせません。旅行保険とは異なる補償が必要です。また、留学先校が保険を指定している場合がありますので、必ず適切な保険に加入するとともに、現地で必要な時に保険加入が証明できるようにしましょう。

トップへ戻る

留学を成功させるには

明確な目標を持とう!

限られた時間と費用の中で、できる限りたくさんの経験をして来るには、日本にいる間から、目標をしっかり持って、現地での時間の過ごし方や、現地で頑張りたいことを明確にしておくことが大切です。
留学生活はあっという間に終わってしまうので、目標をしっかりもって、充実した時間にしましょう。

しっかりとプランニングしよう!

目標達成ができるように、計画はしっかり立てていきたいものです。
留学には自主性・主体性が重要ですが、その上で、国によって異なる教育制度やカリキュラムに熟知した公的機関やプロのサポートを使うのも手です。
留学プランは100人いれば100通り。自分にぴったりの留学プランを作りましょう。

語学の学習は日本にいるうちから!

語学は基礎力がしっかりしているほど、現地での伸びも大きいものです。
留学を決めたら、渡航前から語学学習には積極的に取り組みましょう。
少しでも語学力が高い状態で現地に行けば、不安も軽減できますし現地でできることも増えてより楽しい留学のスタートを切ることができます。

『日本とは違う』を楽しもう!

海外での生活は、毎日がカルチャーショックの連続と言っても過言ではありません。
時には日本との違いに驚いたり戸惑ったり、つらく感じることもあるでしょう。
しかし、この「違い」を経験することこそが留学の醍醐味そのものです。
日本と違うことに出会ったらその違いを思い切り楽しみましょう!異文化理解力アップの秘けつです。

日本について勉強しよう!

留学した人が口をそろえて留学前にしておけばよかったことの一つは「日本について知る」ということです。
日本の歴史や文化、時事問題など、海外で話す機会はたくさん出てきます。
語学と同様に、日本についての理解を深めておくことを、心にとめて渡航前の時間を有効に使いましょう!
世界から見る日本を、よりよく理解するためにも日本の中で日本を知っておくことも大切です。

トップへ戻る