イタリア

日本の高校生がイタリアに留学するには、交換留学プログラムに参加する方法がある(卒業を目的とした留学ではない)。これは、イタリア人の一般家庭にホームステイをしながら、地域の高校に一年間通うプログラム。詳細はプログラムによって異なるので、イタリア外務省主催の「イタリア留学フェア」や独立行政法人日本学生支援機構などが実施する留学イベントで情報収集をしておこう。交換留学の手続きは、交換留学プログラム実施団体(※)を通じて留学するのが現実的。
学校ではイタリア語を学ぶが、留学当初のホストファミリーとのコミュニケーションは英語となるため、ある程度の英語力は必要だ。
交換留学先の高校での履修が、帰国後、日本の在籍校の履修とみなされた場合は、単位を修得し、進級することもできる。事前に、交換プログラム実施団体や在籍する日本の高校に確認しておこう。
高校生という多感な時期の、多くの歴史的建造物や芸術作品に出会えるイタリアへの留学は多くの刺激を与えてくれるだろう。
(※)交換留学プログラム実施団体
公益財団法人AFS日本協会:
http://www.afs.or.jp/newwin
一般社団法人WYS教育交流日本協会:
http://www.wys.gr.jpnewwin
*参考:イタリア留学ガイド2013-2014(イタリア文化会館)

教育制度

イタリアでは14歳~19歳が日本の高等学校に相当。普通高校のほかに、職業技術専門学校、芸術高校、技術高校があり、就業年限は学校によって3~5年となる。

学期制

2学期制。9月から新学期が始まり6月で終業。

出願方法

イタリア交換留学プログラム実施団体に直接問い合わせる。
公益財団法人AFS日本協会:http://www.afs.or.jp/newwin
一般社団法人WYS教育交流日本協会:http://www.wys.gr.jpnewwin

入学手続きに必要なもの

プログラムごとに異なる。

ビザ

費用

130万円/10カ月(滞在費、健康保険料、学費、カウンセリング料、オリエンテーション費用、事務手続費などを含む)

※プログラムによって異なる。上記は、AES日本協会が提供するプログラムの一例

参考になるwebサイト

海外留学支援サイト: http://ryugaku.jasso.go.jp/oversea_info/region/europe/italy/newwin

※海外留学支援サイトに別ウィンドウで開きます。

イタリア文化会館: http://www.iictokyo.com/newwin

※イタリア文化会館のサイトに別ウィンドウで開きます。

(取材協力) イタリア政府機関 イタリア文化会館 http://www.iictokyo.esteri.it/newwin

※イタリア政府機関 イタリア文化会館のサイトに別ウィンドウで開きます。